最新情報
子供と家族のための第4回“発達の鉛筆”展示会が開催された
2018-10-31 18:07

首都379周年を迎えた記念日に、児童の発達に関連する会社や組織の活動を広く周知し、児童の発達に関するサービスの種類と質を改善し、選択肢を広げることを目的として、首都児童、家族発達局が主導して4年目となる“発達の鉛筆”展示会が2018年10月27日、28日に開催された。


展示会では児童と家族向けの活動を行っているおよそ50の組織が参加し、製品やサービスを紹介した。製品やサービスを安く販売し、組織のメンバーシップ登録、心理テスト、相談、講演ゲームなど数多くのプログラムが実施された。   

展示会では様々なプログラムや活動が組織され、児童と家族の発達を支援するイベントになった。今年は児童と家族の発達に向けて、独自で重要な活動を行っている組織が多く参加していたことが特徴的だった。本展示会は毎年 規模が広がり、より大勢の人が参加するイベントとなっており、今年は約12.000人が来場した。展示会に参加した組織は今後児童の発達のため多くの活動で協力することになったと首都児童、家族発達局が報じた。