最新情報
カザフ伝統の刺繍製品|Asylmura社
2018-12-07 14:19

2008年創業のAsylmura社は、鞄をはじめとしたカザフ刺繍をあしらった製品を生産販売しています。Asylmura社では、2018年度の日本センターのモデル企業として、同社の課題を解決するための種々のプログラムが実施されています。

Asylmura社では多くの女性が勤務しています。同社のGulmaira社長は地域の女性たちの現金収入を増やしたいという思いがあり、これまで地域に住むカザフ出身の女性たちを中心にカザフ刺繍の製作を委託していました。しかし、女性たちが家庭で製作した刺繍製品の品質にはばらつきがありり、このことが同社の課題となっていました。同社のGulmaira社長は日本センターの中小企業経営者向けビジネスコースを受講したことで、モデル企業として日本的経営を自社に本格的に導入しようと考えました。

 


 

いまAsylmura社は新たな経営手法の取り組みにたいへん意欲的です。同社のGulmaira社長は研修で訪問したTanaka tec社で眼にした工程管理表にいたく感心し、さっそく自社の工程管理に導入していました。課題を解決するべく、Asylmura社では地域の女性たちに自社工場で勤務してもらい、その工程管理を改善することで、安定した品質の製品を生産できるようになることを目指しています。