最新情報
モンゴル初のスマホについて
2021-04-30 12:51

「エフレル」ブランドはモンゴル人の使用に適した「ホラン・21」というスマホ開発に取り組んでいる。このスマホの基礎システムはモンゴル人のプログラマーによって作成されており、モンゴル初のスマホで今年9月19日に、消費者に届く予定だ。ホランはチンギス・ハーンの妻の名前でこれをブランド名にした。このスマホ開発には、合計12人のエンジニア、プログラマーが(16歳~28歳)2年間研究している。

 元々、「エフレル」ブランドは携帯電話付属品である充電器、イヤホーンを製造している。付属品を購入する多くの消費者たちが、スマホの開発を要請してきたという。現在、スマホ開発に関する技術的研究など製造段階での全ての準備は完了した。原材料の8割は輸入、2割はモンゴル国内産だ。オペレーティングシステムは最新バージョンである「Android 11」で、モンゴル人消費者のニーズに基づいたソフトウェアとモンゴル人の開発によるアップをインストールする。今後の目標はこのブランドを海外へも輸出することである。

Operating system: Android 11

画面: 142.7 x 65.1 x 7.0 мм

重さ: 153грамм

最大メモリ容量 128GB - 512GB

Hard: 8GB

通信速度: 5G

バッテリー: Li-Po 4000 mAh

CPU: Qualcomm

カラー: , 灰色, , ブルー

値段:

128GB : 699.000およそ25千円)

256GB : 799.000(およそ3万円)

512GB : 899.000(およそ3万5千円)

https://ehlel.com